免疫力を高める方法とは|免疫力をつけることで抵抗力も上がる

自律神経の乱れを改善する

生薬

自律神経を整える作用

女性の多くは50歳前後に閉経を迎え、その前後になると体調面や精神面で不安定になりがちです。これがさまざまな症状となって表れた場合、更年期障害と呼ばれるようになるのです。気温が高くもないのにのぼせやほてりを感じたり、逆に手足が異常に冷えたりするのが更年期障害の典型的な症状です。この他にも自律神経失調症と似たさまざまな症状があって、更年期障害の表れ方は人によって個人差があります。治療はホルモン療法が中心ですが、自律神経を整える作用として漢方薬の服用も挙げないわけにはいきません。もっと手軽に更年期の体調を整える方法として、漢方系栄養食品の摂取も人気を集めています。漢方系生薬の中でも大豆イソフラボンは、更年期障害に効果のある物質として筆頭に挙げられます。

心身の健康を取り戻す

更年期障害のさまざまな症状は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することによって生じます。ホルモン療法ではこのエストロゲンを補充することで症状改善を図る方法です。そこまで症状が重くない人は、エストロゲンと似た作用のある大豆イソフラボンの摂取も更年期障害の症状改善に一定の効果が期待できます。大豆イソフラボンは納豆や豆腐、味噌など大豆を使った食品に多く含まれています。日常の食事でそれらの食品を摂取するよう心がけることも大切ですが、漢方系の栄養食品ならもっと効果的に大豆イソフラボンを摂取することができます。日頃から和食にあまり縁のない生活を送っている人は、大豆イソフラボンを含む栄養食品で自律神経を整えるといいでしょう。漢方薬が苦手という人にとっても、栄養食品なら手軽に試してみることができます。